Home > 慧可断臂摂心会 Archive

慧可断臂摂心会 Archive

平成27年 成道会慧可断臂摂心会のお知らせ

12月5日(土)、6日(日)に「成道会・慧可断臂摂心会」を行います。(詳細は、下記画像参照)

どなたでも参加できます。

お釈迦さま、達磨さま、そして慧可さまの御高徳にふれる会になればと考えております。

ご参加お待ちしています。☎055-966-2016までご連絡ください。

成道会と慧可断臂摂心会-2015

平成26年 成道会と慧可断臂摂心会 1日目

12月6日(土)、7日(日)の二日間、成道会と慧可断臂摂心会を行いました。

1日目。

16時に夜坐(夕方の坐禅)をしました。

平成26年 成道会と慧可断臂摂心会 1日目 -no.1

平成26年 成道会と慧可断臂摂心会 1日目 -no.2

法話、読経後、皆さんで薬石(夕飯:おそば)&茶話会をしながら懇談しました。

平成25年 成道会と慧可断臂摂心会 2日目

成道会と慧可断臂摂心会 2日目(12月8日)朝6時。

暁天(朝の坐禅)をしました。

この時期、いくら暖房をしていても足元のほうから寒さが入って来るのを感じます。

しかし、朝日で明るくなっていく本堂の窓ガラスが、そんな我々を叱咤激励してくれているようでした。

平成25年 成道会と慧可断臂摂心会 2日目

坐禅後、慧可断臂法要を行い、法話(成道会と慧可断臂について)を聴きました。

平成25年 成道会と慧可断臂摂心会 2日目-no.2

平成25年 成道会と慧可断臂摂心会 2日目-no.3

その後、小食(朝食:お粥)を食べ、2日間にわたる修養の会を終了しました。

皆さん御苦労さまでした。

平成25年 成道会と慧可断臂摂心会 1日目

12月7日(土)、8日(日)の二日間、成道会と慧可断臂摂心会を行いました。

1日目。

16時に夜坐(夕方の坐禅)をしました。

平成25年 成道会と慧可断臂摂心会 1日目

法話、読経後、皆さんで薬石(夕飯:おそば)&茶話会をしながら懇談しました。

平成25年 成道会と慧可断臂摂心会 1日目-no.2

平成25年 成道会と慧可断臂摂心会 1日目-no.3

平成25年 成道会慧可断臂摂心会のお知らせ

12月7日(土)、8日(日)に「成道会・慧可断臂摂心会」を行います。(詳細は、下記画像参照)

どなたでも参加できます。

慧可さまの御高徳にふれる会になればと考えております。

ご参加お待ちしています。

平成25年 成道会・慧可断臂摂心会のお知らせ

平成24年 成道会と慧可断臂摂心会 2日目

成道会と慧可断臂摂心会 2日目(12月9日)朝6時。

暁天(朝の坐禅)をしました。

この日は朝から強風で、冷たいすきま風が吹く中の坐禅でした。

慧可さまが達磨さまに仏教を教えていただこうと冷たい雪山の中じっと立っていたという話を思い出しました。

そうした歴代のお坊さまが、なみなみならぬ思いで仏教を伝えてきてくれたからこそ、今、我々がありがたい教えに出会うことができたのだ、ということに感謝する思いでいっぱいになりました。

いつしか、東堂の背中を朝日が照らしていました。

坐禅後、皆で小食(朝食:お粥)を食べ、2日間にわたる修養の会を終了しました。

皆さん御苦労さまでした。

平成24年 成道会と慧可断臂摂心会 1日目

12月8日(土)、9日(日)の二日間、成道会と慧可断臂摂心会を行いました。

8日朝6時、暁天(朝の坐禅)。

大勢の皆さんにご参加いただきました。

終わって7時半解散。

午後4時にまた集合し、夜坐(夕方の坐禅)をしました。

せっかくなので、記念撮影をしました。

法話、読経後、皆さんで薬石(夕飯:おそば)&茶話会をしながら懇談しました。

そして19時半頃に解散し、一日目が終了しました。

平成23年 成道会と慧可断臂摂心会

12月3日(土)、4日(日)の二日間、成道会と慧可断臂摂心会を行いました。

3日の午後4時から坐禅をし、法話、読経後、皆さんでおそばを食べ、一日目が終了しました。

4日は、朝6時にお寺へ集合し、坐禅のあと、お寺の朝食(お粥)を食べ解散しました。

12月に入り、寒さ厳しい中、みなさん頑張って参加されていました。

みなさん、お疲れさまでした。

慧可断臂摂心会のお知らせ

12月3日(土)、4日(日)に「成道会・慧可断臂摂心会」を行います。(詳細は、下記画像参照)

どなたでも参加できます。是非おこしください。

平成22年 成道会と慧可断臂摂心会

11月27日(土)、28日(日)二日間、成道会と慧可断臂摂心会を行いました。

お釈迦さまが悟りを開いた事を記念して行われる法要を「成道会」と言い、12月8日がその日とされております。

「慧可断臂」とは、達磨さまに正しい仏法を求めて弟子入りを乞おうとした慧可さまが、その覚悟の程を伝える為に、自らの臂を断ち、達磨さまに差し出した故事にちなんで、曹洞宗ではこ12月9日に報恩供養をいたします。

その二つのご高徳に報いる為の会として、毎年この時期「成道会と慧可断臂摂心会」という修養の会を行っております。

前回までは一泊二日でしたが、今年は泊まりはやめて通いで行いました。


夜坐(夕方の坐禅)

たまたまスリランカからスマンゲルさんとチャンダナンダさんという二人のお坊さんが来ていて、一緒に参加してくださいました。


暁天(朝の坐禅)

スリランカ僧侶と共に、「成道会と慧可断臂摂心会」を修養し、報恩供養法要ができたことが、本当にありがたかったです。

Home > 慧可断臂摂心会 Archive

検索